バス定期紛失時の対応

バス定期を落とした場合

バス定期を落としたら購入窓口へ

バスで通勤通学をするときには定期を買いますが、うっかり落としてしまうことがあります。落しても慌てずに対応しましょう。車内で落としたと思われる場合は、購入した窓口へ行き、受付の人に申し出ます。バスの車内で落としたものは必ず購入窓口へ届けられるからです。しかし窓口に届くまでに時間がかかることがあります。その間に新しく買いなおす方が良いでしょう。なくした定期が戻ってきた場合、新しいものは払い戻してもらえるので損にはなりません。他の場所でなくした、どこでなくしたかわからない場合は、最寄りの交番に行き遺失物届を出します。SuicaなどのICカードの場合は、記名式であれば再発行してもらえますので、窓口へ行きます。手数料とデポジットが合わせて1000円ほどかかります。

バス定期を落とした時には

バスの中で定期を落とした場合は、バス会社への連絡と、警察への落し物申請を行いましょう。きっとすぐに見つかるでしょう。毎日、通勤や通学などで同じ経路で移動する場合は、安心しきってしまいますので、つい落し物をしてしまう方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、定期などは比較的回収されやすく、お届け物にも多いとされています。落としたことに気付いた場合は、速やかに連絡を入れて、もし見つかった場合はお礼をしっかりと言い、なるべく早めに取りにいきましょう。あまり通勤や通学途中でも気を抜きすぎることなく、日々気を付けて生活をしましょう。

↑PAGE TOP